夏の高血圧対策

MENU

夏の高血圧対策

夏というのは、比較的血圧が安定しているものです。

 

血圧のことを意識したことがない人は、暑い夏はなんとなく血圧が上がりそうだというイメージを持っているかもしれませんが、基本的には寒い季節に血管が収縮して狭くなってしまうので、血圧が高くなってしまうものなのです。夏ならその逆なので、安心ということになります。

 

しかし、実は夏の高血圧対策も必要なのです。かつては、高血圧の人が夏に倒れるようなことは珍しかったのですが、現代ではエアコンが普及したせいで、夏でも脳卒中や心筋梗塞になる人が増えているのです。

 

近年はエアコンがなければ過ごせないほど、夏はとても暑いです。電気代がもったいないからとエアコンを付けずにいると、熱中症になってしまうほどです。
そこでエアコンの温度を下げて室内と屋外の温度差が大きくなると、冬と同じように血圧に変動をきたすので、倒れてしまう恐れがあるのです。

 

夏の高血圧対策としてできることは、エアコンの設定温度を低くしすぎないということです。なるべく28度、それでも耐えられないなら26度以下には下げないようにして、なるべく外気温との温度差を小さくしましょう。扇風機を併用すれば、設定温度が高くても快適に過ごせるはずです。

 

また、夏は汗をかいて体の水分が減ってしまうので、血液濃度が高まりドロドロになりやすいです。これも血圧を上げる要因となるので、小まめな水分補給を欠かさないようにしましょう。

 

職場のエアコンの温度が低いといった場合は、上着を持ち歩くなど、夏の高血圧対策をしましょう。

夏,高血圧,対策

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<