MENU

高血圧と塩分はあまり関係ない?

 

病院での高血圧の指導は、塩分の取りすぎを防いだ食事療法となっていることでしょう。しかし、塩分と高血圧の間には、実はあまり関係がないのです。

 

これまで、塩分を取ることで高血圧になると考えられていましたが、多くの日本人は塩分を取ったからといって血圧は上がらないのです。もちろん中には、塩分で血圧が上がる人もいます。そういった人は食塩感受性と言い、それ以外の血圧が上がらない人を食塩非感受性と言います。

 

では、食塩感受性の人は日本人の中にどれくらいいるのかというと、なんとたったの20パーセントなのです。残りの80パーセントのうち、50パーセントの人は食塩非感受性で、30パーセントは食塩とその他の要因により血圧が上がるとされています。

 

つまり、ほとんどの日本人にとって、塩分と血圧は無関係と言えるのです。それでは、なぜ病院から塩分を控えるように指導されるのでしょうか。

 

実は、食塩感受性か食塩非感受性か測る方法がないのです。誰が食塩感受性なのかわからないので、高血圧の患者全員に減塩をするように医師は指導しているのです。

 

これまで真面目に塩分を意識した食生活を心がけてきたのに効果がなかったという人は、食塩非感受性だからと言えるでしょう。

 

食塩と高血圧の間に関係がないなら、減塩さえすれば改善できるという間違った常識は捨てて治療に臨んだ方がいいでしょう。ただし、塩分過剰摂取が体に悪いことは確実ですので、そこは忘れないでください。

 

高血圧,塩分,減塩

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<