MENU

高血圧の治療費・薬代が高い!とお感じの方へ

 

高血圧の治療のために降圧剤を飲んでいる人も多いはず。しかし、その薬代や治療費が高いので、薬を飲むのをやめたいと考える高血圧患者も、決して少なくありません。

 

降圧剤には6種類あります。利尿薬、カルシウム拮抗薬、α遮断薬、ACE阻害薬、β遮断薬、アンジオテンシンU受容体拮抗薬です。では、それぞれの薬の一錠あたりの値段はいくらくらいなのでしょう。

 

まず、利尿薬は13円〜25円です。カルシウム拮抗薬は40円〜80円、α遮断薬は40円〜80円、ACE阻害薬は50円〜90円、β遮断薬は85円〜105円、アンジオテンシンU受容体拮抗薬は100円〜200円です。

 

このように、高血圧の薬はそれぞれ値段は異なります。病院は利益がないと経営していけませんから、値段が高い降圧剤を処方されてしまい、治療費や薬代によって圧迫されている患者もいるはずです。

 

もちろん、きちんとその患者の容体に合せて適切な薬を処方している医師もいるでしょう。しかし、これだけ薬があると、自分の体質や症状に合った薬はどれなのか、患者には判断のしようがありません。医師の判断に任せるしかないと言えます。

 

ですが、いくら高血圧治療のために薬を飲んだところで、根本治療ができるわけではありません。あくまで、高血圧の症状を抑えているにすぎないのです。治療費や薬代に大金を費やすくらいなら、生活習慣や食事の内容を見直すことで、高血圧の根本原因を取り除くことを考えていきましょう。

 

薬漬けの生活がいつまで続くのか・・・うんざりしたら、試していただきたいのが「藤城式高血圧改善食事法」
薬なし、運動なしで3日で血圧を下げてしまうという人気のプログラムです。
全額返金保証付なので効果がなければ返金してもらえますから一度試してみるといいかもしれませんね。

 

高血圧,治療費,薬代

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<