高血圧の症状 頭痛

MENU

高血圧によって起こる頭痛

高血圧には自覚症状がほとんどないために、治療をせずに放置している人が多いです。しかし、自覚症状のひとつに頭痛があります。頭痛は肩こりや寝不足などが原因でも起こるので、高血圧による症状だと気づきにくいだけでなく、これまであまり重視されてきませんでした。

 

そもそも頭痛は、脳内の血管が何らかの理由によって拡張し、神経を刺激することで起こります。普通なら、血圧が上昇しても脳の血流を自動調整する機能が備わっているので、脳の血流圧は影響を受けることはありません。それなのに高血圧のせいで頭痛の症状が現れるのは、脳内に何らかの異常をきたしている可能性があるのです。

 

高血圧の症状による頭痛は、高血圧性脳症や脳出血といった病気のリスクが高いです。頭痛くらい大したことはないと思わず、高血圧の人は注意をした方がいいです。

 

脳の血流は、血液中の二酸化炭素を介した科学的調節機能、血管周辺にある自律神経の作用による調節機能などによってコントロールされています。しかし、これらの調節機能に何らかの理由で限界を超える事態が生ずると、頭痛が起こります。

 

原因は、急激な血圧上昇や長期間の高血圧の継続です。代謝異常によって脳に水分が溜まって脳浮腫が起こると、頭蓋内圧が上昇して神経が刺激されます。これらの症状から、早朝に頭痛が起こりやすくなるのです。

 

脳浮腫が原因で頭蓋内圧が上昇した状態を、高血圧性脳症と言います。頭蓋内圧の上昇状態が長期間続くと、けいれん、意識障害、視力障害のリスクも高まります。

高血圧,症状,頭痛

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<