MENU

高血圧網膜症

高血圧の症状のひとつに、目の病気があります。それは、高血圧網膜症です。高血圧網膜症は、高血圧性眼底の所見に加えて、高血圧による眼底出血で網膜が出血を起こすといった異常をきたした病気のことを言います。

 

高血圧の検査では、眼底検査を行います。高血圧網膜症は自覚症状を伴わないので、視力障害が起こると回復が困難なため、眼底検査による早期発見が必要です。また、眼底の血管の状態は肉眼で観察できるので、網膜血管の変化で脳梗塞や心筋梗塞といった合併症を予防することにもつながります。

 

眼底検査では、高血圧が網膜血管へ与える影響や動脈硬化の程度、さらに網膜その物の異常を確認します。目の血管に最初に現れる症状は、動脈が細くなる狭細化というものです。さらに、口径不同という1本の動脈に太い部分と細い部分ができる症状も現れます。

 

これらの症状を放っておくと、やがて動脈硬化へと発展します。この他にも、目の血管に様々な症状が現れると高血圧網膜症と診断されることになります。

 

高血圧網膜症を放置しておくと、網膜内に血流が途絶えた部分ができてしまいます。その途絶えた部分に酸素や栄養をどうにか届けようと新たな血管が伸びるのですが、この血管は大変もろいため、出血して硝子体内に広がって硝子体出血を起こしたり、網膜剥離を起こしてしまいます。こうなると、視力障害の症状が現れます。

 

健康診断で血圧が高いことを指摘されたら、目に異常はないからと放置せず、まずは生活を見直してみましょう。

高血圧,症状,目,高血圧網膜症

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<