50代の高血圧の原因と症状

MENU

50代の高血圧

かつては、拡張時の適性血圧は、年齢に90を足した数値だと言われていました。しかしそうなると、最高血圧が140mmHgであっても、50代なら問題ないということになってしまいます。

 

近年の考え方では、年齢に関係なく130mmHg以下の最高血圧が正常血圧と言われているので、これなら50代で140mmHgという数値だと、高血圧ということになりますよね。

 

50代になると、仕事でも責任のあるポジションに就くことが多いために、ストレスが溜まるものです。さらに年齢的にも代謝や体力が落ちてくるので、運動をさぼりがちになったりするので、高血圧の原因になるのです。さらには、年齢と共に血管が硬くなるのも、高血圧になる原因です。

 

また、正常値高血圧の割合は、50代から増え始めます。正常値高血圧とは、最高血圧が130〜139mmHg、拡張期血圧が85〜89mmHgの間の範囲のことを言います。

 

ちなみに女性の場合、40代から50代の間に高血圧になる可能性が高くなります。これは、いわゆる更年期障害が関係しています。女性は閉経を迎えるとホルモンが減少するので、血圧をコントロールする自律神経が不安定になるという症状が現れるのです。これは、更年期高血圧と言います。

 

高血圧の症状は、慢性的な頭痛、めまい、疲労感といったものです。これらの自覚症状を見逃すと、やがては心筋梗塞や脳卒中、動脈硬化といった命にも関わる病気へと発展してしまいます。

 

できるなら、家庭用血圧測定器を使って朝夕に血圧測定をし、理想とされる数値を維持していくと、高血圧の防止になるでしょう。

50代,高血圧,原因,,症状

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<