高血圧ガイドライン 2014年変更点

MENU

高血圧ガイドライン

日本高血圧学会による高血圧治療ガイドラインは、5年に1回内容が改訂されます。

 

2014年のガイドラインでは、家庭血圧は原則として1機会2回測定し、その平均値を用いると明記されています。さらに、診察室血圧と家庭血圧に差があれば、より臨床的価値が高い家庭血圧の診断を優先するとしています。

 

またこのガイドラインでは、後期高齢者を除き合併症がある人は、診察室血圧で140/90mmHg以上が高血圧、140/90mmHg未満を正常域血圧と定義しています。

 

さらに正常域血圧は、至適血圧・正常血圧・清浄高値血圧に分類されています。若年者や合併症がない中年者は、診察室血圧が140/90mmHg未満、家庭血圧で135/85mmHg未満が降圧目標としています。

 

患者は自分の病態を意識し高圧効果のある薬を選択し、降圧目標達成を心がけることが推奨されており、Ca拮抗薬、ARB、ACE阻害薬、利尿薬、β遮断薬が主要降圧薬として挙げられ、積極的適応のない高血圧患者の第一選択薬はβ遮断薬を除いたほか4剤が推奨されています。

 

また、単剤で十分な効果を得られない場合は、増量か併用投与といった適切な治療法で降圧目標を達成するようガイドラインでは促しています。

 

ほかにも、脳血管障害患者は病期と臨床病型に応じ治療対象や目標、薬剤が異なる、心疾患合併高血圧患者は十分な高圧を行うことが重要である、CKD患者は降圧目標達成、尿蛋白減少・正常化が重要、糖尿病患者の降圧目標は130/80mmHg未満である、後期高齢者高血圧は緩徐に150/90mmHg未満に近づく治療を行う、といったことが記載されています。

高血圧ガイドライン,2014年

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<