MENU

血圧の下が高い!原因と症状

血圧が高いと、健康に害を及ぼす可能性もあるので心配ですよね。上が140、下90以上あると、血圧は高すぎになります。

 

血圧の下が高い場合、心臓が体内に送り出すための血液を蓄える際に、血管内壁が受ける圧力が高いことを指します。原因としては、肥満や睡眠時間の少なさ、ストレスなどが考えれるでしょう。

 

もし血圧が高いままだと、動脈に負担がかかってしまい、動脈硬化が進むという症状が出てきます。体に血液を送り出すには大きな圧力が必要となるので、そうなると動脈の受けるダメージはさらに大きな物になってしまうので、動脈硬化の進行に繋がってしまい、いずれは心筋梗塞や脳卒中になってしまう恐れがあるのです。

 

このような症状を患わないためには、血圧を下げることを考えないといけません。

 

血圧の下が高いことの原因は、日々の食事の中で塩分を摂りすぎてしまうということが挙げられます。塩分の摂り過ぎは血液内の塩分濃度を高めることになり、塩分を薄めるために血液中の水分が増えるので、血管内の圧力が上がり高血圧の症状が出てくるのです。血圧を下げるには、減塩を心がけることが重要です。

 

血圧の下が高いもうひとつの原因であるストレスは、交感神経を活性化させ、アドレナリンやノルアドレナリンを放出し心拍数を増やすことになります。すると心臓が送り出す血液量が増えるのですが、血管が収縮した際の血管の抵抗が増えてしまうので、血圧が上がるという症状が出てきます。

 

薬を飲んで血圧の下が高いという症状を改善することもできますが、水分とカリウムを摂取することでも、体内の余分な塩分を排出して血圧を下げることに繋がります。

血圧,下が高い,原因,症状

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<