早朝高血圧の原因と症状

MENU

早朝高血圧

早朝高血圧というものをご存知でしょうか。これは、早朝に高血圧になってしまう症状のことです。

 

※早朝高血圧の原因
早朝高血圧の原因は、目が覚めた時に交感神経が活発になることが関係しています。寝ている時は副交感神経が働いており、脳や体を休めることができます。しかし、目を覚ますために交感神経が働くので、血圧が上がって目覚めの状態へと導いていきます。

 

このとき、普通の人ならそこまで血圧が上がり過ぎることはありませんが、早朝高血圧の人は血圧が上がり過ぎるので、脳卒中や心筋梗塞といった症状を患うことになるのです。早朝は、他の時間と比べても脳卒中や心筋梗塞の症状が出る危険が約3倍もあります。

 

交感神経が働くと、ノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。ノルアドレナリンは、血小板を活性化させる役割を持っているのですが、血小板は血液を固まりやすくさせるので、早朝高血圧と相まって危険が高まるのです。

 

※早朝高血圧の対策法は?
早朝高血圧の対策としては、夜寝る前に降圧剤を飲むといいでしょう。あるいは、薬の効果が24時間や48時間など長時間続く物に変えるだけでも、脳卒中や心筋梗塞の原因を改善することになるのです。薬の種類を変える場合は、まずは医師に相談するようにしてください。

 

降圧剤を飲むほど高血圧の症状が重くない人は、朝起きた際に急に起きあがったりせずに、ゆっくりと動きだしたり、まずはコップ一杯の水を飲んで、睡眠中に失われた水分を補って血流を良くするようにしましょう。

早朝高血圧,原因,症状

薬なし、運動なしで3日で血圧を下げる「藤城式高血圧改善食事法」(全額返金保証付)

>>詳しい内容と解説はこちら<<